スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行2日目(9月11日)

旅行二日目は、この旅行のメイン!
植田正治写真美術館へ行くことです!

植田正治写真美術館


大山

美術館の中は、展示物以外は写真撮影可能だったので、
美術館の中から大山を撮りました。
天気が悪く、雲に隠れて全然姿が見えなかったけど、
雲が無くなった瞬間にぱちりっ

大山をみてわかったことは…
私は羊蹄山の方がスキだってこと。
小さい頃からほぼ毎日見てるからかな(笑)

岡山駅前9時40分発松江行き(途中で米子に停まる)の高速バスに乗るため
昨日降りたバス乗り場のバス案内所へ行く。
そこで、高速バスの乗り方を聞くと、
「高速バスは(地図を出して)ここに行って」
"く(""0"")>なんてこった!!"
昨日降りたバス乗り場とは違うバス乗り場へ…

ここで、乗車券を買おうとカウンターへ行くと。
「予約してます?」
はぁ?予約?高速バスに予約なんて必要なのかい?
話をしてくと、帰りに乗ろうと思ったバスは予約で一杯で、
もう乗れないらしい…
高速バスに予約が必要なんて知らなかったよー(田舎者)
帰りは一本遅いバスが空いてるので、その便の予約をして往復の乗車券ゲット。

まぁ、帰りの時間がちょっと遅く(22時過ぎに)なるだけさ。
選挙速報に遅れてもいいもん。

2時間後米子駅前に到着。岡山に比べると、暑いけど蒸してない。
駅の定食屋さんでお昼を食べ、HOMAGEバスに乗りいざ目的地へ!

思ったよりも大きい建物。
中に入って展示室をAからDへ順番に回っていく。

各展示室を回るたびに、福山雅治への思いとはべつに、
植田正治その人に魅せられていきました。

『演出写真』っていうのは、私の苦手な分野で、
カメラ雑誌や写真雑誌でみてもチグハグな印象を受けて、
どうも私の感性とは馴染めなかった。
『広告写真』とはまた違うし。
けど、ここで観た写真全て。
鳥取砂丘をキャンバスにして一つの作品になってる。
好きなものを好きなように撮る。
その感性は写真通して、写真を感じた人に届いてる。
写真は観るものだけど、感じることもできるいい写真ばかり。

観るだけじゃなく感じる写真。

スキだなぁ。
スキって言葉しか出てきません。

写真だけにいえることじゃないけど、こういうのって
展示室とか、美術館でみるほうが絶対良い!
なんでも生で感じることが出来る。
大きさだったり、タッチだったり、油絵の具の盛り上がりとか。
そこから感じる感性は、今まで以上のものなんだよ。

さらに言うなら、今回のようにゆかりの土地だと尚良い。
空気やそのひとがスキだったもの(今回なら大山)を身近に感じられるもの。

大満足でやや興奮気味の状態で米子駅前へ戻る。
このとき17時半…帰りのバスは20時。
お土産買って、駅前のSATY(懐かしい!)で夕飯を食べて
バス待合室で『義経』を観て、岡山へ帰りましたっ。

ホテルに着いたのは22時半頃。
それからお風呂に入って、帰りの準備をして、
ベッドに入ったのは2時近くになってました。
全然選挙速報見れなかったな~。
それが心残りかも。
スポンサーサイト

comment

Secre

Discover Shiretoko
プロフィール

 

Author: 

写真が大好きです♪

愛機は『CONTAX RTS』
レンズは、Planar 50/F1.4
Macro-Planar 100/F2.8 を所有してます。

花と虫を撮るのが好きです。あと風景。

絞り?って何???って状態です(汗)
これから色々勉強したいと思います。

最近のコメント
トラバありがとー
月別表示
カテゴリー表示
りんく
ブログぺっと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。